関西初のLaravelイベント「Laravel Osaka」が開催されました。

2016年11月25日

株式会社 chatbox エンジニアのショウノです。
先月末に株式会社 MOTEX さんで関西初となる Laravel イベント Laravel Osaka を開催されました。
当日はスタッフと同時に、最新バージョン 5.3 についても登壇をしましたのでそのレポートです。

PHPフレームワーク「Laravel」

近年PHP界隈で人気を博しているフレームワーク Laravel。
今年開催された各地PHPカンファレンスでも Laravel にまつわるセッションが多く行われていたことから、誰もがその勢いを感じていることと思います。
私自身は昨年フロントエンドからプログラミングを学び始め、今年の春頃に「次はサーバーサイドを触ってみるか」ということでたまたま使うことになったのが Laravel だった、という感じでした。

最新バージョン 5.3について

使い始めて10ヶ月程たちましたので少しずつできることは増えているように思うのですが、やはり経験値が少なくPHPフレームワークとの比較やその強みを大きな声で言うことはまだまだ気が引けます。
そこで使い始めて少しした時にちょうど Laravel5.3 がリリースされたということもあったので、初心者やあまり使い慣れていない方にもわかりやすいような新しいバージョンの機能や変更点を紹介するセッションを行うことにしました。

新しく追加された機能

Laravel Scout(高速な全文検索が可能に)
Laravel Echo(イベントブロードキャスティング)
Laravel Passport(OAuth2サーバーの実装が簡単に)

 

詳細についてはスライドを見ていただければと思いますが、いずれも簡単な実装で外部サービスやサーバーとの連携が可能になるということが大きなメリットと言えます。

その他の追加機能や修正点

Notifications(Slackなどのチャンネルに通知するAPIの実装)
Mailabel Objects(メールを送るようのクラスができた)
Storing Uploaded Files(アップロードファイルの格納が簡単に)
Webpack & Laravel Elixir(Laravel ElixirがWebpack対応に)
Frontend Structure(認証周りビューのフレームワークのバージョン管理がnodeに移行)
Routes Files(ルートファイルが2つに分かれた)
Closure Console Commands(インラインでのコマンド作成が可能に)
The $loop variable(ループ内で使える変数が追加)

 

Laravel Elixirなどは以前のバージョンにもあったものだそうですが、今回新しいバージョンについて勉強する中で初めて知ったりと、改めて Laravel について学ぶいい機会となりました。
基本的には公式サイトの Release Notes を和訳したものですが、そのページでリンクされていた Laracast のチュートリアルビデオが実はとてもわかりやすいものだったのでそちらもいくつか参考にしました。
 
エンジニアが最新技術をキャッチアップしていくには英語ドキュメントを読むことは避けられないことではありますが、やはり母国語ではないのでなかなか骨の折れることであったりしますし、ニュアンスが伝わってこなかったりすることも多々あります。
ビデオチュートリアルでは実際にコードを見せながら進めていくものなので、英語があまり分からなくても内容については理解しやすかったのでとても良い資料だなと思いました。

Laravel Osaka を終えて

今回のイベント開催は「やってみるか!」と挑戦してみるような感じだったのですが、たくさんの方にもご来場頂けた上、セッションにご登壇頂きましたスピーカーの方々の内容も非常に濃いものばかりでした。
イベントサイトに掲載しました

Laravelを日常の業務でバリバリ使ってる経験者も、これからLaravel/PHPをはじめようとする人も、きっと楽しめる充実のセッション内容!!

 
という文言に嘘はなかったように思います。
ご登壇頂きましたスピーカーの方々、ご来場頂いた皆様、スタッフとしてイベントを手伝ってくださいました学生の皆様、ありがとうございました!