FRONTEND CONFERENCE 2016 を開催してきました

2016年3月16日

2016/03/05 大阪梅田の新梅田研修センターと言う所で、FRONTEND CONFERENCE 2016 というイベントが開催されました。

イベントのメイン企画を通じて、深くこのイベントに携わってきたので、開催までの道のりなどかいつまんでお話しようと思います。

開催のきっかけ

関西フロントエンドUGというフロントエンドエンジニアのためのコミュニティを発足して初めての夏、

例月の勉強会よりやや規模の大きな「グランフロントエンド大阪 2015」を開催しました。

グランドフロントエンド大阪は、「フロントエンドエンジニアの最先端」というテーマで、

最高に尖ったイベントを企画しよう…というコンセプトで実施しましたが、

フロントエンドの世界ってホントに上から下まで幅広くって、初心者からベテランまでみんなが楽しめるイベントの形、とう言うのは1つの目標でした。

PHPカンファレンス関西などでのスタッフ経験もあったため、軽い気持ちで

「300人位集めてフロントエンドカンファレンス、大阪でできるんじゃね?」って事で、

グランフロントエンド2015の最後に開催宣言をしたのがきっかけでした。

企画、その他進行

初心者向けということで安直に「とりあえずハンズオンを」というところから企画は始まり,

デザイナ向け、エンジニア向けに幅広いテーマを扱えるよう2トラックで構成。

イベント運営上の思いとして「参加者」と「登壇者」の垣根が無い形と言うのは1つの目標でもあったので、

登壇者層に関してもベテランから学生まで幅広く揃えるよう頑張ってみました。

実際、毎月の関西フロントエンドUGの勉強会では、初登壇に挑戦という人が多く来てくれているので,

登壇未経験者向けの登壇企画なども考えてはいたんですが、こちらはタイムテーブルの都合上なしに。

本編企画に時間を練りすぎて、スポンサー向け企画が若干貧相になってしまったのは反省です。

ブースをやりたいという思いはあったのですが、こちらからコンテンツを提供できず、スポンサー様任せの結果になってしまったり、

個人スポンサー向けの特典をしっかり練りきれてなかったり。

(一時はマグカップを作るか…みたいな迷走もあったりしました。)

この辺は共通の特典として、どんなものを用意すればいいかってのがホントに難しいところなので、

こんな特典ならスポンサーやるかも?!とかの要望があれば是非アイデアいただけると嬉しいです。

今回のスポンサー募集に関しては、peatixを用いた公開での募集にさせてもらっていて

(他のイベントの例を見ると、直接問い合わせでの連絡が多い印象)

この辺は個人スポンサーの応募の障壁を取り払えたかなぁ…と。

逆に法人さんにとっては、peatixでの決済はちょっと…というところもあり、いくつか直接でのやり取りもあったりしました。

スタッフミーティングなど

いくらかslackでのやり取りはあったものの、実際にスタッフ・ミーティングとかを開催したのは、

たしか1月に入ってから位だったと思います。

色々と間に合ってない部分もたくさんあったので、作業分担などをして、数多くのタスクなんとか開催まで間に合わせる事ができました。

イベントとかやってると、どうしても自分一人で抱えがちでうまいこと他人に振れないという部分が多くて、

仕事なら役割がはっきりしてて分業もし易いんですが、ボランティアで働いてもらってるイベントスタッフさんにお願い…となると何かと難しい所もあったりします。

「スタッフなんでもやりますよ!」みたいなお声掛けはたまに頂いたりするのですが、

どうにもやっぱり作業の割り振りとか苦手だったりするので、「○○やります!」みたいな声掛けしてもらえると凄い助かったりします。

開催

FRONTEND CONFERENCE 2016は 3/5に無事開催されたわけですが、やっぱり3フロア同時進行のイベント管理は本当に骨が折れます。

何かと心配性だったりするので、上下階を行ったり来たりしながら様子を見てたりしてたのですが、

特に大きなトラブルもなくうまいことイベントが進行して本当に良かったです。

学生スタッフの子達も、しっかり受付業務など当日レクチャーで対応してくれて本当に助かりました!!

グランフロントエンドの際には1フロアだったので概ね一人の管理で回っていたのですが、

いろんな人にお世話になりながら協力して1つのイベント完成させる、みたいな動きは本当に素晴らしいなぁとか思ったりしました。

これから

FRONTEND CONFERENCE 2016は無事終了し、後はアンケートの集計等を逐次サイトの方にUPしていきます。

有志スタッフに作業依頼かけつつ…の対応になるのでもう少し時間はかかりますが、

今後も関西フロントエンドUGの動きに注目してもらえると幸いです!